「S.E.S」が始まりました!

  • news
  • 20170424

    「S.E.S」が始まりました!

DSCF8887

千成ヤクルトでは今年度より保育ルームにおいて、ネイティブの先生から教えてもらうキッズ英会話「S.E.S (Sennari Yakult English School )」が開講しました。先生はとても背が高くて優しいVictor先生です。レッスンはお子さま512名の少人数で、30分間行います。保育ルームにいるすべてのお子さまを対象に無料で行っています。

CDで音楽を流し、「Hello~!Hello~!Hello How are you?~」という挨拶の歌から始まります。初めて見る先生に興味津々の子や人見知りの子、年齢によって様々な反応を示していました。まずはカードを使って数字や曜日、天気、色等の英語をお勉強です!自分の年齢やその日の天気等、日常で使う言葉を英語で教えてもらいます。「ワン!トゥー!スリー!」と上手に言えるお友達がいたり、色をVictor先生よりも先に英語で答えるお友達がいたり、 参加型で楽しく学ぶ事ができます!さらに、「グー・チョキ・パー」や「あたま・かた・ひざ・ポン!」等なじみのある曲の英語バージョンに合わせて身体を動かしているので、日常の遊びにも取り入れていきたいと思います。色探しゲームでは、Victor先生が「yellow!」というと保育ルーム内の壁やおもちゃ、先生の服等みんな急いで黄色を探していました

DSCF8805編

小さなお友達はまだ始まったばかりで人見知りをしている子もいますが、Victor先生が見せてくれたカードを指さして少しずつ距離を縮めています。「walk!」と声が掛かるとみんなで歩き「run!」では走り、実際に身体を動かして遊ぶアクティビティもありました。

DSCF8909編

最後は「Good bye!~」の歌でおしまいです。終わってからもハイタッチをしてもらいに行ったり「バイバイ~!」と手を振り続けたり、あっという間の「S.E.S」の時間でした。

幼い頃から英語に触れ親しむ事でお子さまたちに自然と英語力がつき、小学3年生より必修となる英語の授業に役立つと思います。ほくと保育園や長尾センター、寝屋センター、寝屋川駅前サービスセンターでは毎週、枚方新センターや石津センターでは隔週で「S.E.S」を行っております。0歳児から歌やダンスで遊びながら楽しく英会話に慣れ親しみ、異文化に触れ国際的な感覚を育んでいきます。

記事カテゴリ