千成ヤクルト保育園で節分!

  • news
  • 20190209

    千成ヤクルト保育園で節分!

2月に入り各保育園で豆まきを楽しみました。始めに紙芝居やペープサートで節分の意味についてお話しました。つばめKIDS保育園・寝屋川駅前KIDSルームでは、画用紙で本物そっくりの恵方巻を作りました!歳神さまのいる今年の恵方は東北東です。みんなで歳神さまの方を向き、大きな口を開けて食べる真似をしたり小さなお友達に恵方巻を渡してあげたり、仲良く節分を楽しみました!

鬼のお面や升は事前に自分たちで作りました。目や口をペタペタと貼ったり赤色や黄色などの絵の具で顔の色を塗ったりして、個性あふれるかわいい鬼のお面ができました♪ほくと保育園ではヤクルト容器で作ったかっこいい角が特徴のお面をかぶり、みんなで記念撮影をしました!

鬼の的に向かって「鬼は外!福は内!!」と声を掛けながら楽しく豆まきをしていると、突然ドアを「ドンドンドン!」とノックする音が聞こえてきました。子どもたちはとても驚いて、先生のもとまで駆け寄ります。するとドアが開き金棒を持った鬼が登場しました!大きな鬼の姿に泣いてしまう子がたくさんいましたが、先生と一緒に頑張って豆を投げました。お友達が鬼にさらわれそうになった時には、怖い気持ちをおさえてお友達を助けに走る感動的な姿も見られました!

長尾保育ルームではおなかの中にいるイヤイヤ鬼や泣きむし鬼、おこりんぼ鬼をやっつけるために鬼が来てくれたことを説明すると、子どもたちは怖がりながらも一生懸命鬼に向かって豆を投げていました。最後にはもうおなかの中に悪い鬼が入らないように鬼と約束をしてお別れしました!

鬼が帰った後は肩の力が抜けてこらえていた涙が溢れてくるお友達や鬼を退治できたことに喜ぶお友達などがいて、先生といろんな気持ちを共有してたくさんお話していました♪♪ほしのこ保育園のお友達は天気が良かったので、気分転換にお散歩に行ってから給食を食べました!この日の給食は笑顔やおこり顔など表情豊かな鬼の顔がとてもかわいくデコレーションされており、子どもたちはかわいくておいしい給食をモリモリと食べていました♪

記事カテゴリ