千成ヤクルト保育園で食育

  • event
  • 20190115

    千成ヤクルト保育園で食育

千成ヤクルトの各保育園では年に3回食育を行っています。12月の食育は「好き嫌いをなくそう」がテーマです!はじめに「おなかのやくそく」という紙芝居を読みました。大きなクラスのお友達は紙芝居をとても集中して見ており、読み終わったあとに「おなかを元気にする5つのお約束」を復習するとよく覚えていてすぐに答えてくれました。幼いクラスのお友達もかわいいイラストを指さしたり登場する女の子の名前を呼んだりと興味を持って見ていました。

そして2択クイズでは食べる前の挨拶や手洗いのタイミングなど、日常の園生活で行っていることをクイズにしました。「給食を食べる前は何て言うかな?」とみんなで給食の歌をうたって確認したり「お外から帰ってきて帽子を脱いだあと、何をしているかな?」と順序を辿って考えたり、先生と一緒に普段の園生活を思い出しながら答えを考えていました♪少し迷っている幼いお友達には、大きなクラスのお友達がヒントを教えてあげるという異年齢保育ならではの姿も見られました!苦手なものを残すのか食べるのかクイズにすると、正解は「食べる」とわかっているけれど普段は残してしまう子もいたようでどちらの答えを選ぶかとても迷っていました。迷った結果「食べる」を選択し、「苦手なものも食べる!」と宣言していたので「1口ずつ頑張ろうね!」とお約束しました♪

そして「冬においしい食べもの」を集めたぬりえを楽しみました。紙に描かれている食べものの名前や色を尋ねると、「ブロッコリー!みどり!!」と元気よく答えてくれました。中には「グリーン!」と色を英語で答えてくれる子もいました♪すべて確認ができたところで色塗りスタートです!集中して端からキレイに塗る子や先生と色を確認しながら塗る子など、自分のペースで楽しんで取り組んでいました。完成したぬりえは食育の時に毎回配布しているおたよりと一緒に家へ持ち帰って、保護者のみなさまにも見ていただきました♪

最後はお待ちかねのヤクルトマンの登場です!この日一番の大きな声で呼ぶと手を振りながらヤクルトマンがお部屋に入ってきてくれました♪子どもたちは手を振ったり近くに駆け寄ったりして大喜びです!一緒に「おなか元気体操」をしてから記念写真を撮り、ヤクルトマンとたくさんふれあいました。

食育のあとはごはんの時間でしたが、この日はいつも以上に元気いっぱい「いただきます!」と挨拶をしていた子どもたちでした♪

記事カテゴリ